<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

わが社のイクメン!

わが社のイクメン!

ハツタロー
「積極的に子育てをしたい!」という男性社員の希望を、
会社全体でバックアップする中小企業。
子育て経験によって自己成長したイクメン社員が、
社内の働き方改革をけん引しています。
ハツタロー
株式会社wiwiw

株式会社wiwiw

コンサルティング部 部長
寺西 さん(入社7年目)

株式会社wiwiw

家族と過ごす時間が仕事にも人生にもプラスに働いている

 私の場合、育児そのものが自分への投資になっています。約1カ月間の育児休業を取得しましたが、その期間中は、妻と家事や育児をシェアすることによって、仕事では得られないような様々な気付きがありました。一方で、これまで時間がなくて取り組めなかった資格の勉強にも充てられました。

 育児休業が明けても、帰宅後は家事や育児が待っていますから、定時に退社するようになりました。定時退社をするためには、短時間で質の高い仕事をする必要がありますが、通勤時間などのスキマ時間を活用した情報収集など、様々な工夫をするようになり、結果として、子どもが生まれる前よりも仕事のパフォーマンスはかなり上がったと実感しています。まさに投資によるリターンですね。

 仕事の面ばかりではありません。何よりも出産という素晴らしい瞬間に立ち会うことができましたし、今は家族と過ごす時間そのものが自分の人生にとってプラスに働いていると感じています。

株式会社アドックインターナショナル

株式会社アドックインターナショナル

モバイルネットワークグループ
鈴木 さん(入社4年目)

株式会社アドックインターナショナル

会社・同僚の寛大さと人を育てることの大変さを実感

 入社2年目で子どもが生まれたとき、「共働きの妻を早く職場復帰させたい」という思いから、育児休業を取得したいと考えました。当時は男性の育児休業取得者の前例がなかったものの、上司に相談してみたところすぐに対応してくれて、希望通りに取得できることになりました。社員の皆さんには驚かれましたが、快く受け入れてくれてありがたかったです。仕事もひと段落したところだったので、引き継ぎも必要なく、ちょうどいいタイミングでした。

 以前から家事はしていたのですが、育児休業中は更に子どもの世話が加わりました。子どもと過ごす時間が十分に取れたことや、人を育てる大変さを感じることができたのは良かったですね。運よく保育園への入園がスムーズに決まったため、2カ月半で職場に復帰しました。復帰後も同僚や上司がいつも通りに迎え入れてくれましたし、子どもの体調不良などで早退する際も、上司に相談すると柔軟に対応してもらえるのでとても助かっています。

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。