<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

社員第一主義の社長が率いる「技術と革新のものづくり企業特集」/大和合金株式会社/20名参加

銅とスズで青銅、銅とニッケルと亜鉛で洋銀といった具合に銅と金属を配合して新たな物質を生み出すのが銅合金という技術です。今回訪問した大和合金は、銅合金一筋75年の老舗中小企業。どろどろに解けた合金を人一人がすっぽり入ってしまうほど大きな型に流し込む鋳造、あるいは轟音を鳴り響かせながら合金を大型のハンマーで打つ鍛造など、大迫力の現場を見学しました。

萩野源次郎社長と萩野茂雄会長を囲んで記念撮影 萩野源次郎社長と萩野茂雄会長を囲んで記念撮影

ツアー内容

大迫力の工場見学
強度が高い鉄は車のボディ、軽くて錆びにくいアルミは飲料缶というように金属にも適材適所があり、銅合金は熱伝導率や摩耗耐性が高く腐食しにくいといった特性を活かして、家電、鉄道、半導体、光ファイバー海底ケーブルなど、様々なところで活躍しています。
「実は誰もが知っているであろう有名テーマパークのアトラクションにも弊社の銅合金が使われているんですよ」と、学生たちにとって身近な例えを出しながら、萩野源次郎社長が事業紹介をスタートしました。
「銅合金の製造技術も重要ですが、それと同じように大切なのが、うちで働いてくれている従業員です。従業員が誇りと自信を持って働ける会社でありたいと考え、従業員の家族と一緒に行く社員研修旅行やBBQ大会、あるいは禅や論語といった人間的な成長を促す勉強会も行っています」
続けて「そのおかげか、7組の親子、2組の夫婦、7組の兄弟が弊社で働いてくれています」という話に、学生たちは驚いた様子。「家族で働けるなんてよほど社内の雰囲気が良い会社なんだと思った」といった声がそあちこちでささやかれていました。
続けて行われたのが工場見学。銅合金は溶解、鋳造、熱間鍛造、溶体化処理、時効処理、材料検査といった工程で製造されます。学生はそれぞれの工程を見学。熱間鍛造の工程では高温のためオレンジ色に淡く光る銅合金の塊を鉄製の固定器具を使って、3人がかりで押さえて、上からエアーハンマーという巨大な機械で叩きます。思わずよろめいてしまうような轟音に学生たちは圧倒されながらも少しずつ成形されていく様子をじっと見つめるように観察。この他にも銅合金のインゴットを大きな水槽で冷却する熱処理や何トンもの力で銅合金を引っ張って強度を検査する引張試験など、普段は決して見られないような貴重なものづくりの現場を見学しました。「何気なく参加したツアーだったので、こんな大迫力の現場を見られるとは思っていませんでした。参加していなかったら、こんな現場を見る機会はなかったと思います」と多くの学生が充実した表情で感想を述べていました。

座談会と会長の言葉
最後に行われたのが社員との座談会。営業の社員に対して、「営業は飛び込みですか?」、「営業ではどんなことを心がけていますか?」など、学生から矢継ぎ早に質問が飛び出しました。
「法人同士の営業なので基本的には話を聞いてくれる前提で営業をします。現場ではとにかく物怖じせずにどんどん発言することです。頼りない営業マンには誰も発注してくれませんし、もし失敗してもそれを糧に成長していけば良いわけですから」
当初予定にはありませんでしたが、社員と学生の座談会中に、会長から学生に向けてのメッセージをいただきました。
「就職活動をしていたら、この仕事は自分に向いているのだろうか? と悩むこともあるでしょう。でも、本当に自分に向いている仕事をしている人なんて、芸術家ぐらいのものではないでしょうか。だから、どんな仕事でも自分で工夫して楽しむことが大切。ぜひ、自分が仕事をつくっていくぐらいの気持ちで働いてみてください」
座談会を終えた学生からは「社員の方が気さくに話してくれたので、働くということのイメージが掴めた」、「会長の言葉は重みがあって、逃げ癖のある私には心に響きました」といった感想が相次ぎ、充実した時間となったようでした。

  • 萩野社長の会社説明に耳を傾ける学生たち萩野社長の会社説明に耳を傾ける学生たち
  • 鍛造シーンを見守る学生たち鍛造シーンを見守る学生たち

参加者の声

ツアーを終えた学生たちの声で多かったのが「アットホームですごく会社の雰囲気が良かった」というもの。中には「バスが出るまで見送ってくれた社長の姿に感動しました。こうした人柄や会社の雰囲気はHPを見ても分かりません。就職活動をする上で積極的に企業訪問をしていきたいと思いました」といった声もありました。他にも「製品ができあがっていく流れをはじめて目にし、ものづくりに興味がわきました」、「中小企業も選択肢に入れて就職活動をしたい」といった感想があがるなど、それぞれが新しい気づきを得たツアーになったようでした。

  • 固唾を呑んで鋳造シーンを見つめる固唾を呑んで鋳造シーンを見つめる
  • 座談会は和気あいあいとした雰囲気のもと進められました座談会は和気あいあいとした雰囲気のもと進められました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。