<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

一体感が強い会社。ライフ・ワーク・バランス認定企業特集/エス・エー・エス株式会社/14名参加

今回のテーマは「ライフ・ワーク・バランス」。社員のことを第一に考え、社員が笑顔で働ける会社づくりに力を注いでいるエス・エー・エスを訪問しました。同社は、金融・流通・クレジット分野を中心とした基幹業務システムの構築・コンサルティングと、自社設計・開発によるSaaS・クラウド事業を営んでいる、いわゆるIT企業。ツアー前には「激務のイメージがある」と語っていた参加者たちも、そのイメージががらりと変わったようです。

青山秀一社長を囲んで集合写真 青山秀一社長を囲んで集合写真

ツアー内容

社風が感じられる社内を見学
会社見学からスタートした今回のツアー。参加者たちがまず通されたのは社長室です。重厚感のある机やソファが並ぶ立派なしつらえですが、オフィスに通じるドアは開放されていて、社長と社員のお互いの顔が見える状態になっています。「話し相手がいないとさびしくなっちゃうから、開けっ放しにしているんです」と青山秀一社長はおどけてみせますが、もちろんこれは社内の風通しを良くする取組の一環。社長と社員の壁を取り払い、交流を活発にすることが社員を笑顔にする会社づくりの第一歩というわけです。
続いてオフィスを見学。ここにも間仕切り等は設置されておらず、お互いの顔が見える状態。これも意見交換や相談が気軽にできる空間づくりの方針に沿った設計となっています。さらに目を引くのが壁に貼られた手作りのポスターです。これは、新入社員が10年後の自分を描いたドリームマップというもので、どれも満面の笑みで幸せそうな表情をしているのが印象的でした。いわゆる「社長室」「オフィス」とは違う雰囲気に、参加者たちは周囲を興味深げにしげしげと見入っていました。
働き方のイメージが湧いたところで、青山社長から会社概要とライフ・ワーク・バランスをどのように実現しているか、社員がどんな働き方をしているかの説明を受けます。その中で社長が社員のことを「メンバー」と呼ぶことについて参加者の一人が気になったようで、その理由を聞いていました。
「一緒に仕事をする仲間であり、社員というよりメンバーという方が、しっくり来るんですね。仕事の人、プライベートの人という切り分けをしないのが、当社のライフ・ワーク・バランスに対する考え方です」
社長が社員を使うのではなく、社長と社員は対等な関係であるという意識が言葉の端々から感じられます。これには参加者たちも大きく頷き、その理念に共感しているようでした。

  • 壁には新入社員の目標が掲げられている壁には新入社員の目標が掲げられている

グループワークでさらに理解を深める
同社のライフ・ワーク・バランスの概要を理解した参加者たちは、4つの班に分かれて「ライフ・ワーク・バランスという観点でエス・エー・エスを広報する」というテーマのグループワークを行いました。それぞれの班に加わった社員に具体的な質問を投げかけて、さらに掘り下げながら発表内容をまとめていきます。
班に加わった社員は、それぞれの経歴や働き方を選択してライフ・ワーク・バランスを実現しているだけに、さまざまな切り口から話題が出てきて盛り上がりました。例えば、出産経験があり、オフィスに通わず自宅で仕事をする「テレワーク」という働き方を週に数日実践している宮崎さんの班では、「女性が笑顔で働ける会社」をキャッチコピーに、子育てや女性活躍に焦点を当てた発表が展開されました。また、クラウドサービスの開発などを手がける古田さんの班では、「二度目の青春」をキャッチコピーに、スキルアップやクラブ活動の充実をフィーチャー。短い時間で、同社のライフ・ワーク・バランスをきれいにまとめた発表になりました。
最後に、グループワークを見守っていた社長から「これからいろいろな会社を見てみてください。そして、その会社が大切にしていることを自分の価値観に照らし合わせて、じっくり考えてください。その結果、もし当社を選んでいただけたなら、皆さんを育てる自信があります」というメッセージが送られ、エス・エー・エスへの訪問は幕をおろしました。
訪問スケジュールは本来そこまでだったのですが、終了時刻はちょうどお昼の時間ということで、昼食を社員と一緒に取って交流することになりました。質疑応答の時間には聞けなかったざっくばらんな話題も飛び出し、一層社会人が身近な存在に感じられたことでしょう。

  • 空き時間で社長にマンツーマンで質問空き時間で社長にマンツーマンで質問

参加者の声

参加した学生は「社長がフレンドリーな方で、どんな質問にも答えてくれました」「私生活をも共有する企業があると知って、中小企業の個性について考えるきっかけになった」とここでのハッケンを語ってくれました。中には、「社員一人ひとりを大切にしているのが伝わってきました。社員だけでなく、社員の家族のことも思った経営理念が印象的でした。できることならエス・エー・エスさんに就職したいと思いました」という声も。きっと自分が働く姿が具体的にイメージできたのでしょう。

  • 話し合った内容をグループ全員で発表話し合った内容をグループ全員で発表
  • 食事しながら会話も弾む食事しながら会話も弾む
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。