<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

お客様の「あったらいいな」を叶える。オンリーワン企業特集/株式会社横引シャッター/9名参加

横引シャッターは屋号にも冠しているように横に引くシャッターを製造しているメーカーです。横に引くシャッターといってもイメージがつきにくいですが、駅の構内やホームにある売店のシャッター、あるいは駅ビルやショッピングセンターに入っているテナントの営業時間終了後にかけられるパイプシャッターといえばピンとくる人もいるでしょう。今回はそんな横引シャッターの足立区にある本社を訪問しました。

市川慎次郎社長を囲んで記念撮影 市川慎次郎社長を囲んで記念撮影

ツアー内容

社員は家族
「社員は家族と口にするのは簡単ですが、言葉だけで実態が伴わないケースがとても多い。弊社は有言実行をモットーとしており、社員は家族というのを地で行く会社だと自負しています」と市川慎次郎社長の挨拶で始まった今回のツアー。働く社員にとっては頼もしい言葉に、学生たちは市川社長の話に一気に引き込まれた様子。
「一緒に働いていく家族なんだから、言いたいことはどんどん言いなさい。言いづらいことだって、愚痴だって、なんだっていい。どんどん言って来てくださいといつも話しています。例えば子育てをしながら働いているワーキングママ。運動会やお遊戯会などイベントがあるでしょう。子どもの大事なイベントなんだから是非とも参加して来なさい。高齢になると通院や検診もありますよね。大事なことですから積極的に行きなさいと言うようにしています。休んだり、仕事を抜け出すことに気兼ねなんていらないのです。前もって言っといてくれさえすれば、大抵のことは職場で解決できてしまうんです。そんなときにフォローしあわなくて何が家族かと、そう考えています」
同社には高齢になってもバリバリ働く社員が少なくないといいます。
「60歳を境にお給料が下がったり、別のところへ異動になったりということがありますが、59歳が60歳になって何が変わりますか? その人の本質が変わるとは到底思えません。ですから、弊社には定年という制度がありませんし、給料を下げることもしません。弊社には88歳でも現役で働いている方もいるんですよ」
一般的な社会通念を覆す経営姿勢を聞いた学生の間にざわめきが起こる。「一般常識に従うのではなく一人ひとりに寄り添った会社だと思った」「大手企業では中々できないこと。中小企業ならではの良さだと思った」とそれぞれに気付きがあったようでした。
「うちには3人子どもがいて、運動会でも音楽会でもうちの子ばかり応援してしまうほど溺愛しています。可愛いからこそ怒るときはうんと怒りますし、褒めるときはうんと褒める。社員も同じです。社員と真剣に向かい合うと社員の方も仕事に真剣になってくれるんです」と市川社長は、話を締め括りました。

社員の方々への質問タイム
続けて社内見学。トイレのドアやオフィスに掛けられている社是などは全て社員の手作り。カニ部長という同社のイメージキャラクターもどうやら手作り、というより社員の落書きから生まれたものだそうです。
見学を終えた後は社員の方々への質問タイム。子育てをしながら働いている転職組の女性社員には「入社の決め手は?」「この会社の良いところは?」といった質問が挙がりました。
「入社するときに2回面接をしたんですが、1回目のときに今度は子どもを連れてきてもいいからねと社長に言われたんです。まさかそんなことを言ってくれるなんて思っていませんでした。面接のときは子どもを一時保育に預けようと思っていたので、社員のことを考えてくれる会社だと実感しましたね。以前は規模の大きな会社に勤めていて、中々仕事と家庭の折り合いがつかなかったのですが、ここでは一人ひとりに合わせた働き方ができます。現在は社長と相談して週に4日、夕方までの勤務にしてもらっています」
学生たちの質問は社長にも投げかけられました。「社員を大切にしている理由は?」という質問に「先代からの教えです。シャッターを作って営業もして取り付けもしてというのは一人ではできません。社員がいなければ会社は成り立たないからです」と筋金入りの社員第一の考えに基づいた回答に一同脱帽。最後に社長から学生に向けてエールが送られました。
「学生さんたちに会社を見てもらうというめったにない経験ができ、とても楽しかったです。今までは学費を払って教えてもらっていましたが、就職してからはお金を貰って教えてもらうことになると思います。どんな仕事でも真剣に取り組んでみてください」

  • 会社の概要を説明する市川社長会社の概要を説明する市川社長
  • 社員の方の案内で社内見学社員の方の案内で社内見学

参加者の声

ツアーを終えた学生からは「とてもパワフルな社長で話に引き込まれました。社長の人柄も企業を選ぶ一つの視点になると思いました」「自分が知らないだけでまだまだ横引シャッターのような良い会社があると思います。色々な会社を自分の目で見て回りたいです」といった感想が挙がり、それぞれ有意義な体験になったようです。

  • 質問会は形式的なものではなく和やかな雰囲気で進められました質問会は形式的なものではなく和やかな雰囲気で進められました
  • 社長の話にメモを取りながら聞いている学生達社長の話にメモを取りながら聞いている学生達
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。