<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

アイディアや夢をカタチに。若手社員が活躍する企業特集/株式会社オレンジアーチ/11名参加

オレンジアーチは官公庁向けの業務アプリケーションや金融機関向けのインフラシステムなどの開発を手がける一方、二人の顔を合成して新しい顔を作り出すReFaceというユニークなアプリを世に送り出すIT企業です。今回は足立区千住の本社にお邪魔して本山功社長や社員の方々のお話を聞くとともに、特別にプログラミングの体験もさせていただきました。

本社オフィスで記念撮影 本社オフィスで記念撮影

ツアー内容

プログラミング未経験でもOK
「中小のソフトメーカーというとシステム構築全般に関わるというより、ある分野のここだけを担当しているといった局所請負い的なイメージがあるかと思いますが、弊社の場合、プロジェクト全体を進めるコンサルティングとして入ることがほとんどなので、パソコンに向かって一日中、プログラミングをしているというよりは顧客とのコミュニケーションが大切な仕事になります」と自社を紹介するのは今回のツアーで訪れたオレンジアーチの本山功社長。同社はシステム開発や組み込み系システムを手掛ける一方で、最新のIT技術の研究も積極的に進めているといい、その研究内容についてお話いただきました。
「リサーチ&デベロップメントの略でR&D部門というのを立ち上げ、アプリやロボット、ドローンなど最新のIT技術を研究、開発しています。事業にならないことも時々ありますが、常に新しいものにチャレンジすることで、どんな分野でも活躍できる会社を目指しているんです」
続けて紹介してくださったのが職場の雰囲気。「新人歓迎会、お花見、社員旅行、駅伝大会、部活動など社員間の交流が盛んなのが弊社の特徴。一人ひとりとの距離が近く、社員は私のことを社長ではなく、親しみを込めて本山さんと呼ぶくらいなんですよ」ととても和やかな社風が伝わってきます。社長の気さくな性格も学生に親近感を湧かせていたようです。
続けて社長への質問タイムに移ると「プログラム未経験でもできますか?」「文系の採用は行っていますか?」「プログラムの面白さは?」とどれも働くことについて具体的な質問で学生たちの熱心ぶりが伝わって来ました。
「弊社の約半数は文系出身ですし、最初は先輩社員にくっついて仕事を覚えていくので、わからないことがあったときにはその場で聞けるので身につきやすいですよ。プログラミングは組んでも最初は大抵動かないものなんですよ。それをどこが悪いのか一つひとつ解決していく。ですからプログラミングには一歩一歩前進していくような面白さがありますね」

プログラミング体験
続けて感情を認識して人間とコミュニケーションが図れるロボットPepperを使ってのプログラミング体験が行われました。今回使ったのはChoregraphe(コレグラフ)というPepperを動かすためのプログラミングツール。難しいプログラミング技術は必要なく、喋らせたい言葉をテキストで打ったり、させたい動作を選んだりするだけでPepperを動かせるというもの。それらを繋ぐことで喋った後、手を振るといった一連の動きをさせることも可能で、プログラムがどういった仕組みで動いているのか、その基本を学ぶのに最適。学生がまず「焼肉が食べたい」と打つと、その通りPepperが喋り出し、他の学生が「アイスもね」と打ち込み、最初の動作と繋げると「焼肉が食べたい、アイスもね」と喋ってくれました。その後、様々な動作をさせたり効果音をつけるなど、全ての学生が一通り作業し、プログラミング体験は終了。Pepperが動いたときの驚きの声や笑い声など終始賑やかな雰囲気に包まれていました。
最後に人事担当の中谷肇さんがツアー締め括りの挨拶に立たれ、学生達にアドバイスをいただきました。
「私も前職は3000人規模の会社に務めていましたが、どうしても機械的に役割が定められていてできることが限られていました。現在では開発の仕事をしながらこうして人事の業務にも携われています。自分がやりたいことは何なのか、あるいは将来家族ができたときに胸を張って自分の仕事を紹介できるか。そんな視点でも就職活動をしてみてください」
中谷さんが「今回のツアーは文系の方も多いそうですが、どうですか? 興味は出たでしょうか?」と投げかけると文系学生のほぼ全員が手をあげました。

  • 事業内容を説明する本山功社長事業内容を説明する本山功社長
  • メモを取りながら本山社長の話に耳を傾ける学生たちメモを取りながら本山社長の話に耳を傾ける学生たち

参加者の声

「プログラミングに興味がわいた」、「パソコンは得意な方ではなかったけれどプログラミングの面白さに触れて興味が出た」といった学生が多く、中には「私は文系なのでイメージでIT企業を候補から外していたけれど、視野を広げて就職活動をしたい」といった感想もあがりました。また、「IT企業はどんなことをしているのかピンときていなかったけれど会社訪問をしたことでイメージが掴めた」などそれぞれに新たな気付きがあるツアーになったようです。

  • 協力しながらのプログラミング体験協力しながらのプログラミング体験
  • Pepperを使った体験はプログラムの面白さを知る良い機会になりましたPepperを使った体験はプログラムの面白さを知る良い機会になりました

※Pepper商標は、ソフトバンクロボティクス株式会社およびその他ソフトバンクグループ関連会社に帰属します。

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。