<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

伝統と革新。新たな挑戦をするイノベーション企業特集/吉田テクノワークス株式会社/11名参加

吉田テクノワークスは、スマートフォンや携帯電話の液晶保護パネルやボディを製造するほか、ornamentという自社ブランドを立ち上げ、カードケースやシューホーンといったプロダクトも手がけるプラスチック成形メーカーです。技術力は折り紙付きで、ガラスとプラスチックを一体成形するガラスインサートインモールドという画期的な成形法も編み出しました。今回はそんな吉田テクノワークスの墨田区文花の本社を訪問しました。

吉田重雄社長を囲んで記念撮影 吉田重雄社長を囲んで記念撮影

ツアー内容

できませんとは言わない
ツアーは社内見学からスタート。大量生産をする前の試作品をプラスチック成形機で作る試作室、3DCADを使って製品の設計やテストを行っているCAD室などを見てまわり、その後、吉田重雄社長のお話をお伺いしました。
「当社の前身は満州から引き揚げてきた私の祖父が1946年に創業した吉田製作所という合成樹脂成形加工会社です。もともとこの辺りには大手化粧品メーカーがあって、化粧品のコンパクトケースなどを作っていました。今でもコンパクトケースはグループ会社の吉田コスメワークスで作っています」
吉田テクノワークスは、この化粧品のコンパクトケースづくりで培った技術を活かして、携帯電話のボディ成形をはじめとする新分野を担うため2004年に設立された会社といいます。“できませんとは言わない”をモットーに様々な技術を開発してきた同社。中でも主にスマートフォン向けに使われているガラスインサートモールドは他社の追従を許さない技術だといいます。
「液晶カバーガラスの加工では、一般に+−0.05mmほどの誤差が出ます。これを“公差”というのですが、0.05mm大きくなってしまった時のために、ガラスをはめるプラスチックボディは少し大きめに作られていました。ところが、0.05mm小さくなった時にはボディとの間に隙間ができてしまい、故障の原因になりえるのです。金型にガラスを挟み込んでボディと一体成形することで、それを解消したのが、当社のガラスインサートモールドなんです」
この技術に着目した海外の企業から声がかかり、1台15,000ドルという超高級スマートフォンの開発に携わるほか、スマートフォンを製造する海外有名企業からも開発協力の依頼があったといいます。

社員の方々との座談会
続いて社員との座談会が開かれました。参加していただいたのは、CADで設計やテストを行っているスタッフと国際営業スタッフです。CAD室のスタッフには、「なぜこの会社に入社を決めたのか」、あるいは「どんな風に就職活動をしたのか」といった質問が投げかけられました。
「私は文系でしたが、ものづくりの現場に携わりたいと思って弊社に入社しました。就職活動をしていて感じたのは、同じような仕事をしていても会社の雰囲気は千差万別ということ。訪問しても会社の人事の方しか出てこないところもあれば、採用担当者の他に現場の方々に会わせてくれる会社もありました。HPや説明会だけでなく会社訪問をして自分の目で現場を見ることが大切だと痛感しましたね」
一方の国際営業スタッフには、「中小企業を選んだ理由は何か?」や「やりがいを感じる瞬間は何か?」といった質問が投げかけられました。
「人数が多い企業だとやりがいのある仕事を任せてもらえるまで下積み期間が長いことがあります。特に女性の場合、結婚や出産等、数年後のライフイベントが見えづらいこともあるので、早くからやりがいのある仕事を任せてもらえる中小企業を選びました。国によって文化や考え方が違うので意見が衝突することもしばしばありますが、良いものを作りたいという目標は同じなので完成したときの達成感はひとしおですね」
座談会は40分ほどで終了し最後に吉田社長のお話がありました。
「私が人を採用する際の最後の決め手は熱意です。例えば95点の人と熱意のある80点の人がいたら、私は熱意のある方に内定を出してあげたい。ここだという会社が見つかったらぜひ、全力でアピールしてください」

  • プラスチック成形機で作った試作品を見せてもらいましたプラスチック成形機で作った試作品を見せてもらいました
  • 設計や試験を行うCAD室を見学設計や試験を行うCAD室を見学

参加者の声

「普段私たちが手にしているスマートフォンのボディがどのようにして作られているのかを知り、勉強になりました」、「成形機から出てきた試作品はまだ温かくて感動しました」、「吉田社長のお話から、唯一無二であることの厳しさとやりがいが伝わってきました」といった感想があがりました。
オンリーワンの技術をもって、製品ができあがるまでには、どのような工程があり、どのような人が関わっているのか。その源には、“社員の情熱”があることを知った参加者たちにとって、今日のツアーは良い体験になったに違いありません。

  • 会社の軌跡を説明する吉田重雄社長会社の軌跡を説明する吉田重雄社長
  • 社員のお話を真剣に聞く学生たち社員のお話を真剣に聞く学生たち
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。