<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

ジャパンプライド「グローバル」に活躍する企業特集/株式会社エリオニクス/9名参加

光の波長や原子の構造を表すときなどに使われる単位の一つ「ナノ」。1ナノメートルは100万分の1ミリといい、その単位での観察や加工は高い技術が不可欠になります。エリオニクスはその分野での高い技術力を看板に躍進する企業。八王子市にある本社にお邪魔して同社の技術力を結集させた機器を見学し、社長や現場で働いている社員の方々のお話も聞いてきました。

本社の前で記念撮影 本社の前で記念撮影

ツアー内容

他の追随を許さないものづくり
「当社が目指しているのは他の追随を許さぬ性能です。もし、性能が同じであれば圧倒的な低価格、そしてまだ世の中にない製品を生み出すことです」と岡林徹行社長が同社の目指す方向性を語り、ツアーはスタート。「当社の装置は主に大学や研究機関で使われているものなのでわかりづらいかもしれませんが」と前置きしつつ製品の紹介をしてくださいました。
「例えば、当社の電子ビーム描画装置は4ナノメートルの幅の線が描けます。これは1センチメートル角の領域に100万本以上もの線を描くことができるということで、ハードディスクの容量を飛躍的に増やしたり、量子デバイスや光デバイスの研究開発などに使われています」
同社はこれまでに、肉眼では見えないほど微細な凹凸を三次元で観察できる電子線三次元粗さ解析装置や、物質と物質が引っ張り合う力を計測する表面力測定装置など、様々な精密装置を世に送り出してきました。その実績は高く評価され、経済産業省のグローバルニッチトップ企業100選、東京都産業労働局の東京都ベンチャー技術大賞の奨励賞など輝かしい賞を受賞しています。こうした製品開発には、若手の採用や育成が欠かせないと岡林社長。
「毎年インターンシップで2、3名の学生を受け入れるほか、大学や高等専門学校での授業も行っています。入社してからは、先輩社員をプロジェクトリーダーに置いた上で主担当者を若手社員に任せるなど積極的に若手社員を起用しています。若い頃から試行錯誤する過程や製品が完成したときの達成感を経験させることで成長を促しているわけです」

研究開発のやりがい
続けて行われたのが社内見学。まず大学や研究機関、あるいは企業の開発者が同社の機器を試せるデモルームを見学。岡林社長に説明していただいた最新鋭の機器を目の前に、学生たちは「これはいくらぐらいするんですか?」「どんな研究に使われるんですか?」と興味津々で質問。その後、クリーンルームや開発部署を見学し、社員の方々との座談会に臨みました。開発を担当している若手社員に「入社の決め手は?」「仕事のやりがいは?」と就活を目前とした学生から具体的な質問が相次ぎました。
「自社の製品をゼロから製造しているところは少ないですし、その納入先が名だたる機関だったというのも大きいですね。仕事はとても楽しくて、気がついたら3年経っていたという感じ。最先端の設備に囲まれて好きなことに没頭できるので、自分にとってこんなに良い職場はありません」
結婚してお子さんもいると自己紹介してくれた図面管理を担当する女性社員には、育児休暇や社風についての質問があがりました。
「働いて20年になりますが、結婚してやめたという人は今までにいないですね。みんな復帰してからもバリバリ働いています。同僚の社員は研究開発をする仕事なので個性的で面白い人が多い印象。かといってばらばらではなく、休日にはテニスや体育館を借りて運動したりして仲も良いんですよ」
学生たちはまだまだ話し足りないといった様子でしたが時間の関係で45分ほどで座談会は終了。最後に管理部の方から学生へエールが送られました。
「将来自分が働くことになる場所を選ぶわけですから、一つでも多くの会社を見て回ってください。大規模な企業だと決められた日にしか説明会を行っていないこともありますが、中小企業は連絡さえすれば個々で対応してくれる場合もあります。当社もできる限り一人ひとりの要望にお応えできればと思っています。体調管理に気を配り、今後の就職活動に邁進してください」

  • 自社で製造している装置を説明する岡林徹行社長自社で製造している装置を説明する岡林徹行社長
  • デモルームにある装置を見学する学生たちデモルームにある装置を見学する学生たち

参加者の声

参加した学生からは「一台数億円もする機械を見たのは初めて。精密機器の分野は視野に入れていなかったけど興味が湧いてきました」、「社員の方たちが自分の仕事を楽しそうに語っていて、好きなことを仕事にする大切さがわかりました」といった感想があがりました。また「個別で会社見学をさせてくれるというのは嬉しい情報。積極的に会社訪問をしていきたいです」などと就職活動に意欲を燃やす学生もいました。

  • 仕事の内容から就職活動の事まで様々な質問がとびかいました仕事の内容から就職活動の事まで様々な質問がとびかいました
  • 社員の方々は学生の質問に対して一つひとつ丁寧に応えてくださいました社員の方々は学生の質問に対して一つひとつ丁寧に応えてくださいました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。